RBC 琉球放送株式会社

CORPORATE INFO

お知らせ

2016/07/27 番組審議会

第485回番組審議会

平成28年7月8日(金)午後4時より

琉球放送の第485回番組審議会が、7月8日金曜日午後4時より琉球放送11階会議室で開催された。会の冒頭、7月1日に宮崎で開催された『JNN 九州・沖縄地区番組審議会委員長会議』について、大城委員長ならびに事務局長より報告があった。その後、JNN 九州・沖縄ドキュメント ムーブ「心のフェンスをなくしたい~暮らしの中から見つめる基地問題~」について審議が行われた。

意見の概要は以下の通り。


●身の丈で基地問題に向き合おうとする新しい世代を描いた新鮮な内容。彼らが普天間飛行場の周辺を取材する様子を盛り込むことで、かつての人々の暮らしを彷彿させ説得力があった。

●知念さんが、沖国大の墜落事故で基地問題に関心を持ち始め、冊子『PICNIC』発行に至った経緯が紹介されており、冊子への関心も高まるとともに、テレビが彼らの活動を後押しする役割を果たしていた。

●若者らの身近な生活から生まれた、素朴で新しい取り組みが紹介されていた。これまでと違った角度から基地問題を取り上げたことに拍手を送りたい。

●登場人物が典型的ではなく、また内容も散漫にすぎており、そのためにテーマに迫っていくための集中力が弱まってしまった。冊子の刊行にも至ってなかったため、結末が描かれずに尻切れとんぼの印象を受けた。


出席委員
大城将保・佐久眞章・幸喜徳子・宮城邦治

欠席委員
長元朝浩・与儀弘子・松原知之