RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2017/02/16 18:41 事件・事故

インターネットバンキング 不正送金で1300万円

 インターネットバンキングを利用している県内企業の銀行口座から県外の銀行口座におよそ1300万円が不正に送金されていたことが分かりました。

 警察によりますと14日、インターネットバンキングを利用している県内企業の銀行口座から県外の外国人名義とみられる10の銀行口座あてに合わせて1289万円が不正に送金されました。
 このうち2つの口座は過去に他府県で不正送金に使われ凍結状態となっていたため銀行同士で確認をしたところ被害が発覚したということです。
 県内でのインターネットバンキングによる不正送金は去年1年間で5件発生していて被害総額は797万円にのぼっています。
 警察は何らかの原因で企業の銀行口座のIDやパスワードが流出し不正に送金されたとみて調べるとともにインターネットバンキングの利用者にウイルス対策ソフトを最新状態にするなど対策を呼びかけています。