RBC@

 

NEWS

RBCニュース


RBCスクープ投稿

2017/09/11 18:39

  • 基地問題
  • 最新ニュース

オスプレイ大破「パイロットのミス」米軍が報告書

 去年12月、オスプレイが名護市の海岸で大破した事故についてアメリカ軍は「パイロットのミス」が原因だとする報告書を県に示しました。

 この事故は去年12月、普天間基地所属のオスプレイが名護市安部の海岸に不時着を試みて大破し、乗組員2人がけがをしたものです。
 アメリカ軍は11日、富川副知事を呼び、事故の調査報告書を示しました。
 県によりますとニコルソン四軍調整官は、事故は空中給油訓練中に天候とパイロットの操縦ミスが影響し給油ホースとオスプレイのプロペラが接触して起きたと説明したということです。
 報告書には、接触によって破損した空中給油機のホースの先端部分などの写真も掲載されていて、事故の断片が伺えます。
「パイロットのスキルの問題であって、機体そのものの不具合ではない旨の説明がありました。我々としては当然納得していない」(富川副知事)
 アメリカ軍は再発防止策として乱気流を想定した訓練を実施したことも県に伝えています。

関連ニュース

一覧

PC版 |  スマートフォン版