RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 RBC夜のおススメ番組

RBCニュース

2017/09/14 12:05 その他

ナスミバエ発生拡大 県が注意呼びかけ

 島唐辛子などに寄生する害虫ナスミバエが今年、新たに宮古地域でも確認されたとして、県がさらなる発生の拡大を防ごうと注意を呼び掛けています。

 ナスミバエは、もともと東南アジアに生息し、唐辛子やピーマンなどナス科の植物に寄生する害虫です。
 2010年に沖縄本島で初めて発生が確認されましたが、県によりますとことし、新たに宮古島市や多良間村などでも見つかり、生息範囲が拡大しています。
 これまでに農業への深刻な被害や人体への健康被害は確認されていませんが、県では発生範囲がさらに広がるのを防ぐため、島唐辛子類の苗などを本土に送ったり、持ち込んだりしないよう協力を求めています。
 このほか農家などに対しては、防虫ネットを設置するなど発生の拡大防止へ対策を徹底するよう呼び掛けています。