RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2017/02/15 19:09 政治・経済

子どもの貧困対策で初の有識者会議

 県が定めた子どもの貧困対策計画を効果的に推進しようと14日、初めての有識者会議が開かれました。

 この有識者会議は去年、県が定めた子どもの貧困対策計画の実施状況や効果などを評価し計画を効果的に推進していこうと設置されたものです。
 14日県庁で開かれた初会合で県子ども生活福祉部の金城弘昌部長は「県内の子どもの3人に1人が経済的に厳しい状況がある中、積極的に意見をいただきしっかりと評価して欲しい」とあいさつしました。
 会議には行政や福祉、教育現場などから15人が参加し、DVの数や若年の出産率の高さが長年改善されていない状況に加え市町村によって対策が異なっていることなどそれぞれの立場から子どもの貧困をめぐる現状が報告されました。
 次回の会議は来月中旬に開かれる予定で県は有識者の意見を踏まえて計画を修正していく方針です。