RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 RBC夜のおススメ番組

RBCニュース

2017/08/13 17:06 基地問題

沖国大 米軍ヘリ墜落から13年で集会

宜野湾市の普天間基地に隣接する大学にアメリカ軍のヘリコプターが墜落して13日で13年となり、墜落現場では基地閉鎖を求める集会がひらかれました。
 2004年の8月13日、アメリカ軍普天間基地所属のヘリコプターが隣接する沖縄国際大学に墜落しました。
 事故から13年となる13日、墜落現場で行われた集会では、沖縄国際大学の前津学長が普天間基地の即時閉鎖と撤去を求める声明を発表した他学生らが意見発表を行い平和の尊さを語りついでいこうと訴えました。
 今月5日オーストラリア沖で墜落事故を起こしたオスプレイなど普天間基地に所属する航空機の事故は繰り返されており、危険と隣りあわせを余儀なくさている周辺住民の不安と負担は増しています。