RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2017/02/13 18:55 基地問題 最新ニュース

辺野古埋め立て土砂搬出反対 西日本市民団体が要請

 普天間基地の移設に向けて名護市辺野古に西日本各地から埋め立て用の土砂が搬入される計画に対し、西日本の市民団体が、13日沖縄防衛局に反対を申し入れました。

 防衛局を訪れたのは、西日本の8県18団体で組織する「辺野古埋め立て土砂搬出反対全国連絡協議会」のメンバーで、遠藤仁彦次長と面談しました。
 この中でメンバーは土砂の搬出場所の環境調査を行うまで辺野古の埋め立て工事に着手しないよう求めたほか、土砂の採取・運搬のため今年度予算に55億円が計上されていることについて質しました。
 これに対し、遠藤次長は「土砂をどこから採取するかは決まっていないが、関係法令に則り環境に配慮する」と述べる一方、予算については「今後の執行内容について答えることは控えたい」として明らかにしませんでした。
 このほか市民団体は「奄美大島で業者が搬出準備を進めている」と指摘しましたが、防衛局側は「業者が勝手にやっていることだ」と答えるにとどまりました。