TOP
ANNOUNCERアナウンサー

たつろう兄さんとのひとこま

稲森 彩
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アナウンサーブログ 稲森彩 2021年12月13日

第3回 片野達朗アナウンサー

アナウンス室で話しかけにくい人ランキングがあるとすれば
トップ3にはいるであろうたつろう兄さん
しかし私にとっては1番の相談相手だ

ということで今回は「本当のところ」
について考えてみたいと思う

例えば洋服を買いに店を訪れたとしよう
店員さんがやって来て
「お客様にはBがお似合いだと思います。
今年の流行で、一番人気なんですよ」と言う
私は迷わずAを買う

なにも知らずにこの一コマだけを切り取ったら
私は天邪鬼もしくはひねくれ者かもしれない
しかし、私はAが素敵だと思いその店を訪れていたら…

人の印象というものはあっけなく決まってしまう
断片的にしかその人について知らなくとも
「あの人はこういう人」とある程度想像したら
それでなんとなくの満足を得る
それはもしかすると、あまり深く関わらない相手だからかもしれないが…

相手の本当のところを知るには
それ相応の時間と関係性と感性が必要なのかもしれない

これは人にだけではなく
モノにも同じようなことがいえると思う
むいていないだったり苦手だと思っていたモノが
関わったり、やってみると意外と楽しく
今まで持ち合わせていなかった感性に出会えたりする

そのため、見聞きした情報だけで決めつけてそれで終わらせてしまうのは
どこかもったいない気がしてしまう
自分なりに「本当のところ」を感じてみたくなる
『馬には乗ってみよ 人には添うてみよ』
という言葉もあるように

ただ、「本当のところ」を知りたくて
ずかずか人様の心に踏み入るのは要注意だが…

長くなってしまったが、最後に
自信や夢についてたつろう兄さんに質問してみたところ
「自信やら夢やらを語る人は信用出来ないというデータが」とのこと
一見ドライだが私にとっては
なんでも相談できて頼りになる先輩だ…
と思う

いなもり

稲森 彩
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
稲森 彩アナのブログ新着
アナウンサーブログ新着
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.