RBC 琉球放送株式会社

EVENT

イベント

2020/01/29 スポーツ

ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権大会
結果のお知らせ

daikin31

第33回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント
~アマチュアゴルフ選手権大会 結果のお知らせ~

 
 2020年JLPGAツアー開幕戦『第33回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』(主催:ダイキン工業株式会社、琉球放送株式会社)への出場権をかけた「ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権大会」(以下、アマチュア大会)が、1月27日(月)、28日(火)の2日間の日程で、本戦会場となる沖縄県南城市の琉球ゴルフ倶楽部を舞台に開催されました。
 2日間36ホールストロークプレーの結果、比嘉里緒菜(ひが りおな)さん、荒川怜郁(あらかわ れいか)さん、新城莉李亜(あらしろ りりあ)さん、島袋ひの(しまぶくろ ひの)さんの4 名が本戦への出場権を獲得しましたので、お知らせいたします。

 今年のアマチュア大会には、229名の選手が出場し、第1日の予選を通過した87ストローク、26位タイまでの33名が第2日の決勝ラウンドを戦いました。本戦へのトップ通過を果たしたのは通算148ストローク(4オーバー)で回った比嘉里緒菜さん。トップと同スコアで並んだ荒川怜郁さんは、大会規定により決勝ラウンドのスコア順で2位となり、3位は通算149ストローク(5オーバー)の新城莉李亜さん、4位は通算152ストローク(8オーバー)の島袋ひのさんとなりました。

 なお、2019年日本女子学生ゴルフ選手権で優勝した星川ひなの(ほしかわ ひなの)さんは、当大会の特別推薦の規定により本戦出場権を獲得しています。第33回ダイキンオーキッドの本戦は上記の5名でベストアマチュアの座を争うことになります。
 

ダイキンアマチュア結果

(写真:左から島袋さん、新城さん、荒川さん、比嘉さん)

 
 


 

アマチュアゴルフ選手権大会 上位4選手と特別推薦選手の紹介

1位 比嘉 里緒菜(ひが りおな)さん


通算4オーバー(76-72=148)
生年月日:2002年7月24日(17歳)
学校名 :興南高校2年

<プロフィール>
9歳のときに祖父の影響でゴルフを始める。
身長153センチ、得意クラブはパター、 1W飛距離は230ヤード。アマチュアゴルフ選手権には今回6度目の挑戦で、2年連続 3度目の本戦出場権を獲得。

 
 
<コメント>
「まだ実感はないですが、すごく嬉しいです。決勝ラウンドでは、前半にOBも出たりショットが安定せず、後半が不安でしたが、なんとか修正することができて良かったです。これまでの自分の経験から上手く気持ちも切り替えることができました。ダイキンオーキッドは私にとって、地元でのツアー開幕戦として、出られるというだけでも大きな収穫がある大会ですし、今の自分が1年間でどれだけ成長できたか力試しをできる貴重な場所だと思っています。今回で本戦に出るのは3度目なので、“プロの世界”であっても縮こまらずに、自分のプレーに自信を持ってプレーしたいです。」。

2位 荒川 怜郁(あらかわ れいか)さん

荒川 怜郁
通算イーブンパー(74-74=148)
生年月日:2001年6月10日(18歳)
学校名 :コザ高校3年

<プロフィール>
5歳のときに テレビで女子プロの試合を見たことがきっかけでゴルフを始める。
身長170センチ、得意クラブはドライバー、1W飛距離は280ヤード。アマチュアゴルフ選手権には今回9度目の挑戦で、初の本戦出場権を獲得。
 

<コメント>
「初日に続いて決勝ラウンドも1位で通過したい気持ちはありましたが、まずは無事に通過することができて嬉しいです。決勝ラウンドのスタート前は、去年カウントバックで落ちて悔しかった気持ちと、ずっと行きたかった本戦に行けるかもしれないという気持ちで、昨日の夜から緊張していてティーショットの瞬間は手が震えるんじゃないかなと思いましたが、いざティーショットする時には思ったよりも落ち着いてスタートすることができました。 一時は崩れそうになりましたが、最後までよく我慢できたと思います。ドライバーで距離を稼いで短いクラブでグリーンを狙ってい けるのが自分の持ち味です。プロの試合には初めて出ますが、自分のベストを尽くせるように頑張りたいと思います」。

3位 新城 莉李亜さん(あらしろ りりあ)さん


通算5オーバー(79-70=149)
生年月日:2000年8月27日(19歳)
学校名 :宜野座高校 2019年卒業

<プロフィール>
3歳のときに祖父の勧めでゴルフを始める。
身長170センチ、得意クラブはパター、1W飛距離は260ヤード。アマチュアゴルフ選手権には今回7回目の出場で、2018年大会以来2年ぶり4度目の本戦出場権を獲得。

 

<コメント>
「昨年11月のプロテスト以来3か月ぶりの試合で、気持ちのコントロールが難しく、初日は正直あまり手ごたえがありませんでした。決勝ラウンドはやれるだけのことをやろうと“無”でプレーした結果、今日の通過に繋がったのでとても嬉しいです。まだまだ足りない部分もあったので、本戦までに小技をしっかり練習して万全な状態で臨みたいと思います。今年もプロテスト合格を目指しています。目標とするプロとラウンドできる機会なので、技を見てたくさん勉強したいと思います」。

4位 島袋 ひのさん(しまぶくろ ひの)さん


通算8オーバー(76-76=152)
生年月日:2001年8月7日(18歳)
学校名 :宜野座高校 3年

<プロフィール>
10歳のときに父の影響でゴルフを始める。
身長162センチ、得意クラブはアイアン、1W飛距離は230ヤード。アマチュアゴルフ選手権には今回7度目の挑戦で、初の本戦出場権を獲得。
 

<コメント>
「本戦の出場権を獲得出来てとっても嬉しいし、ホッとしています。今年プロテストを受験したのですが、落ちてしまい、それからパットの練習を増やしました。渋野日向子さんがやっているパッティング練習で“9か所にティーを置いてそれぞれの距離から入れる”という練習法を毎日続けてやっています。何かを続けることで自信を持てると思って、毎日欠かさずやっています。本戦では、今のままだとボロボロの予選落ちになるので、3月までに練習を積んで、プロの方々と一緒に戦える力を付けて、予選通過を目指したいと思っています」。

アマチュア主催者推薦枠 星川 ひなの(ほしかわ ひなの)さん

星川 ひなの
生年月日:1999年6月30日(20歳)
学校名 :日本大学 国際関係学部 2年生(宜野湾市出身)
主な戦歴:2019年日本女子学生ゴルフ選手権 優勝
     2018年日本女子学生ゴルフ選手権 2位

<プロフィール>
小学1年生の時に両親に勧められてゴルフを始める。高校は、女子プロの一ノ瀬優希の父に指導を受けるため、熊本県の熊本国府高校に進学。高校卒業後、日本大学国際関係学部に入学し、現在2年生。2019年日本女子学生ゴルフ選手権優勝により特別推薦を受け、本戦には2年連続3度目の出場。

 
 


ダイキンオーキッドレディス アマチュアゴルフ選手権大会 成績

ダイキンオーキッドレディス アマチュアゴルフ選手権大会 成績2020

 

ダイキンオーキッドレディス アマチュアゴルフ選手権大会とは

アマチュア大会は、1997年のダイキンオーキッドレディス第10回記念大会より開催され、今年で24回目を迎えました。沖縄県在住または沖縄県出身の女性アマチュアプレーヤーであれば参加することができ、過去23回の大会で4,000人を超える選手に参加いただき、18名のプロゴルファーが誕生しています。

 

ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権大会 成績と通過者の本戦での成績

アマチュアゴルフ選手権大会 大会要項

 

ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権大会 大会実施要項(抜 粋)

名  称/「ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権大会」
主  催/ダイキン工業株式会社、琉球放送株式会社
後  援/沖縄県ゴルフ事業連絡協議会、沖縄タイムス社
協  力/琉球ゴルフ倶楽部
会  場/琉球ゴルフ倶楽部
競技日程/予選ラウンド(18H) 2020年 1月27日(月)
     決勝ラウンド(18H)     1月28日(火)

参加資格/沖縄県在住又は沖縄県出身の女性アマチュアプレーヤー及び主催者の推薦する
     プレーヤー。
     ※小学生の出場については、以下の大会該当者及び
     同等のレベルにあると主催者が認める選手。
     (1)沖縄県民ゴルフジュニア選手権大会 小学生高学年(5・6年生)の部女子の上位者
     (2)沖縄ジュニア選手権大会 小学生高学年(4~6年生)の部女子の上位者
     (3)沖縄女子ゴルフ選手権大会 小学生参加者
     ※出場希望者が上記(1)(2)(3)の大会で小学生女子の部上位10以内が目安となります。

募集人数/240名  ※申込者が180人を超えた場合は南コースも使用して開催します。

競技方法/予選ラウンド(初日)
     ダブルペリア方式で実施。
     なお、グロスでの成績が全体の上位30位タイまでの選手が翌日の決勝ラウンドに
     進みます。(表彰式欠席の場合は対象となりません)

     決勝ラウンド(2日目)
     予選ラウンドと決勝ラウンドの合計スコアにより順位を決定します。
     ※タイスコアの場合は、(1)決勝ラウンドでのスコア上位者、
      (2)決勝ラウンドの18Hからのカウントバック方式の順によって決定します。
     ※原則として2日間の合計ストロークが164以内としますが、天候等の諸条件を鑑み、
      最終的には主催者が決定します。