TOP
NEWSニュース

「世界の人を応援したい」障がい者美術展

SDGs くらし イベント・その他
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八重山地域に住む16才以上の障がいのある人たちが作成した、絵画や陶芸などの作品を一堂に展示する美術展が石垣市で開かれています。
この美術展は、3年ぶり7回目の開催で会場の石垣市役所には絵画や陶芸、月桃で作ったコースターやバングル、ちぎり絵など多様で多彩な個性あふれる作品90点あまりが展示されています。
「私たちにしかできないハートフルタッチ」と題されたマッサージを施す女性を描いた水彩画には「お客様が気持ち良さそうにしているのがとても嬉しい」とコメントが添えられていて、仕事の一場面を切り取った自画像的な作品です。
また世の中の人々を応援したいとの気持ちで作ったという作品は、のぞき込んだ自分自身が映るように鏡が張ってあり「とても忍耐強く障害なんてものともしないです」とコメントが添えられています。
この作品展は9日午後3時まで石垣市役所で開催されています。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.