TOP
NEWSニュース

「味覚」学ぶ フレンチのシェフがうるま市の小学校で特別授業

イベント・その他
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもたちに「味覚」の大切さを感じてもらおうとフランス料理のシェフによる特別授業がうるま市の小学校で行われました。

この授業は食文化への興味や関心を高めてもらおうとうるま市・平安座島の彩橋小学校が実施したもので、那覇市でフランス料理店を営むシェフの新屋健一さんが講師を務めました。

新屋さんはまず、料理を味わうときには香りや見た目など五感を使うことでより美味しく感じることができることを説明しました。

この後、子どもたちは様々な味付けがされた大根の煮物を試食して塩味や酸味など食べ物の5種類の味について学びました。

「楽しかったです、いろんな味覚知れたことです」
「給食を食べるときや、家でごはんを食べる時などに、活かしていきたいなと思いました」

「食は人に潤いを与えるものと思っているので、子どもたちがこういうことを意識して輪が広がって、豊かな心を持った大人に育っていってほしいなと思います」(シェフの新屋健一さん)

子どもたちは料理を味わうことの奥深さを感じた様子でした。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.