TOP
NEWSニュース

「平時になった」4人以下・2時間以内を解除

新型コロナ
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

県は25日、独自の警戒レベルを最も低い第一段階に引き下げたうえで、県民に要請していた「飲食の4人以下、2時間以内」の制限を解除すると発表しました。
25日に県内で新たに確認された感染者は2人で、この20日間5人以下が続いています。
県は独自の警戒レベルの判断指標がおおむね改善されたことから、警戒レベルを最も低い第一段階に引き下げました。
そのうえで、25日から適用される新たな対処方針を発表し、県民に要請していた「飲食の4人以下、2時間以内」の制限を解除しました。
イベントについても、感染防止に関する計画書を提出すれば人数制限が緩和され、100%収容することも可能になるとしています。
いずれも国の方針に準じた格好で、県は、「平時に戻った認識だ」「県民の協力があって感染を抑え込めている」としています。
ただし、人との交流が盛んになる年末年始に対策を怠れば再び感染は拡大するとして、連日の大人数・長時間での飲食は避けるよう呼びかけています。
なお、感染拡大の兆候がみられた地域には、市町村または保健所単位で注意報を出し、再び飲食の人数制限が要請されることになります。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.