TOP
NEWSニュース

「最古の貝塚人」うるま市遺跡から出土

イベント・その他
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たな歴史の開拓につながるかもしれません。
うるま市にある洞穴遺跡で沖縄では最古とみられる貝塚時代の人骨が出土し、8日、報道陣に公開されました。
発掘されたのは、およそ1万年から9000年前の貝塚時代の人骨です。
藪地洞穴遺跡は、本島中部・勝連半島近くの藪地島に位置し、人の指や爪で模様をつけたと言われている「爪形文土器」などが出土しています。
これまで県内では、貝塚時代の人骨はおよそ7000年前以降のものしか見つかっていなかったことから、今回の発掘は新たな歴史の開拓につながる貴重な手がかりだということです。
(うるま市教育委員会・嘉手苅弘美教育長)
「沖縄における人類の歴史を考えるうえでとても重要な発見であるとともに、市民の皆様が郷土の歴史に興味をもち、誇りに思っていただくことを期待しています」
「最古の貝塚人骨」は、9日から今月21日まで、うるま市のあまわりパーク歴史文化施設に展示されます。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.