TOP
NEWSニュース

「辺野古移設進める」岸田首相が所信表明

政治・経済 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岸田総理は8日、国会で所信表明を行い、普天間基地の名護市辺野古への移設についてこれまでの政府の方針を踏襲し、「工事を進める」と述べました。

「普天間飛行場の1日も早い全面返還を目指し、辺野古沖への移設工事を進めます」(岸田首相)

岸田総理は8日、国会で就任後、初めてとなる所信表明を行い、普天間基地の全面返還を目指すとしたうえで、辺野古への移設についてはこれまでの政府方針通り、工事を進めていく考えを示しました。
また基地負担の軽減については日米同盟の抑止力を維持しながら地元と対話して取り組むと述べました。

「日米同盟の抑止力を維持しつつ、丁寧な説明、対話による信頼を地元のみなさんと築きながら、沖縄の基地負担の軽減に取り組んでまいります」(岸田首相)

このほか岸田総理は海上保安能力やミサイル防衛能力などの強化にも取り組むと強調しています。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.