TOP
NEWSニュース

コロナ禍に花と緑を 秋の大植木市

イベント・その他
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

観葉植物や果樹の苗木などを展示即売する「秋の大植木市」が沖縄市で開かれていて、会場が緑や鮮やかな花々に彩られています。

この催しは沖縄市花卉園芸生産組合などが毎年開いているもので、およそ20の園芸業者が果樹の苗木や造園用の庭木などを展示即売しています。
園芸業者によりますと、暑さも和らぐこれからの季節は花の苗の植えつけに適しているということです。
スイレンやハナキリンなどの花々で鮮やかに彩られた会場では、コロナ禍の中、花と緑の癒やしを求める園芸ファンらが熱心に品定めしていました。
この「秋の大植木市」は今月17日まで沖縄市登川の農民研修センターで開かれていて、主催者は感染防止のためマスクを着用しての来場を呼びかけています。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.