TOP
NEWSニュース

ワクチンパスポート アプリで運用目指す

新型コロナ 政治・経済
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワクチンの接種回数などがわかるスマホアプリの開発を那覇市医師会と民間企業が共同で進めています。
 このスマートフォン用のアプリは、飲食店などを利用する際にワクチンの接種回数やPCR検査での陰性を証明するためもので現在、那覇市医師会と民間企業が運用に向け開発を進めています。
 このアプリの活用によってワクチンの接種率の向上や水際対策への活用が期待できるとしています。
 アプリの利用に当たっては接種回数などの情報を集約する国のデータベースとの連携が必要で実際の運用に向けての、課題となります。
 ワクチンの接種証明などをめぐっては国が年内を目途にデジタル化を目指し取り組みを進めるほか、県もプロジェクトチームを立ち上げるなど動きが活発になっていて、こうしたアプリが今後どのように活用されるのか注目されます。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.