TOP
NEWSニュース

今後の見通しは− 県独自措置 今月末まで

新型コロナ 政治・経済
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

21日夜、玉城知事は昨夜新型コロナ対策として県が独自に実施している飲食店への時短営業要請を予定通り今月末まで続けると発表しました。
玉城知事は人口あたりの新規感染者数が全国ワーストという感染状況などを受け前倒しでの解除を見送りました。一方で県は宣言が解除される11月以降は、飲食店への時短営業要請や酒類の提供制限などは行わないとしています。
この県の方針を受け酒類を扱う卸業者からは「10月に入り売り上げが戻ってきている。感染症対策の認証をとる飲食店も増えているので今後は悪くならないと思う」という声がある一方でまだしばらく様子見という飲食店もあります。
また県は11月以降も会食は4人以下2時間以内等の要請は継続したいとしています。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.