TOP
NEWSニュース

宜野湾市議会 PFOS放出で抗議決議

基地問題
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ海兵隊がPFOSを含む処理水を下水道に放出した問題で普天間基地の地元、宜野湾市の議会は8日、抗議決議を全会一致で可決しました。

この問題は先月、アメリカ海兵隊が人体への影響が懸念される有機フッ素化合物PFOSを含む処理水を普天間基地から下水道に放出したもので、宜野湾市議会は8日、意見書と抗議決議の案を審議しました。
意見書案などではPFOSを含む処理水を下水道や河川に放出しないことやアメリカ軍の責任で焼却処理することなどを求めていて採決の結果、全会一致で可決されました。
市議会はあす、沖縄防衛局などに要請することにしています。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.