TOP
NEWSニュース

就任後初の沖縄訪問 西銘大臣と知事が面談

政治・経済 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄担当大臣に就任後初めて沖縄を訪れた西銘大臣は9日、県庁で玉城知事と会談しました。

会談で玉城知事は来年度以降の新たな沖縄振興策について、高率補助や税制などの特別措置の拡充のほか、沖縄振興予算3000億円台の確保などを求めました。
また普天間基地の辺野古移設工事を中断し、基地問題の解決に向けて国と県が協議する場を設けるよう求めました。

「岸田総理の所信表明においても丁寧な説明、対話による信頼を地元と築くと仰っている。西銘大臣におかれてもそのような方向で格段の力添えをお願いします」

「沖縄振興を担当する大臣として重く受け止めておきたい。謙虚に現場に出向いて皆さんの声を聞いて、沖縄振興担当大臣として全力で頑張っていきたい」(西銘沖縄担当相)

西銘大臣はこのあと県内の経済団体の代表とも意見交換しました。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.