TOP
NEWSニュース

師走初日 沖縄は真冬並みの寒さに

くらし 気象・災害 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

師走に入りました。沖縄地方は、寒気の影響で肌寒い朝を迎えました。昨夜からの強風で一部で被害も出ました。

12月1日の沖縄地方は大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で、渡嘉敷・波照間・与那国の3つ離島では、今シーズン一番の冷え込みとなりました。

前夜から朝にかけて、県内で最も冷え込んだのは国頭村の奥で14・5℃を観測しました。

那覇も、最低気温が17、7℃となるなどほとんどの地域で12月中旬から下旬並みの気温となりました。

(通行人の女性)
「冷たいですね。6時過ぎに起きたんですどね。少し冷えていますね」

(通行人の女性)
「昨日の夕方から急に風も強くなって寒くなったんで、備えていました。」

日中も気温はほとんど上がらず、那覇の最高気温は19度の予想で、真冬並みの寒さとなりそうです。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.