TOP
NEWSニュース

沖縄にも少しづつ秋の気配

くらし
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月も半ばを過ぎ沖縄でも徐々に秋の気配が漂い始めています。

沖縄本島北部やんばるでは9月ごろから秋ゼミが鳴き始め、秋の季節の到来を告げます。

10月も半ばを過ぎ、やんばるでは少しづつ秋の気配が漂い始め、自然界では春と勘違いしたのか季節外れの桜の花が咲いています。

また、秋ゼミが鳴くなか蜜を求めて飛び交う蝶の姿も見られました。

一方、所変わってうるま市でも季節外れの桜の花が咲き地域の話題となっています。
秋風に吹かれながら可憐に咲く淡いピンクの花。
桜が咲いているのはうるま市赤野のヌーリ川沿いのサクラ並木です。
地元の人達によって寒緋(かんひ)桜など600本余りが植えられていて、そのうちの1本が10輪程の花をつけています。

「剪定とかして手をかけている分、桜も応えてくれて咲いてくれたかなと思って、すごくうれしく思っています」(ヌーリ川桜会平川昭子さん)

県内では来週以降気温が下がる予報となっており、季節外れの桜が楽しめるのもあと僅かかもしれません。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.