TOP
NEWSニュース

沖縄にようやく冬の気配 各地で寒い朝

気象・災害 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやく冬の気配です。
沖縄地方は23日、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で、各地で寒い朝を迎えました。

勤労感謝の日で祝日となった23日、那覇市の新都心公園には朝から多くの家族連れらが訪れました。
22日とは一転した気温の低さに上着を羽織りながら寒そうにしたり、体を動かして暖まろうという人たちの姿がみられました。

「寒いですね。寒いですけど、たぶん子どもたちは身体を動かしながらなので、いい感じかな。暑いよりはいいです」

「きょう超さむい。半袖とかは着なくなった」
「きのうの夜、雨が上がってから急に冷え込みました。朝起きてしばらく布団の中に逃げました」
(公園を訪れた人々)

22日夜から23日朝にかけての最低気温は国頭村の奥で15.6度、那覇でも18.2度を観測し、ほとんどの地域で師走並みの寒さとなりました。
23日は日中も気温はほとんど上がらず、那覇の最高気温は20度の予想で、1月上旬並みの寒さとなりそうです。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.