TOP
NEWSニュース

沖縄県高校駅伝大会 北山が男女優勝 全国大会へ

スポーツ
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄の高校生たちが「やんばる路」で健脚を競う駅伝大会が開かれ、伝統校の北山高校が男女ともに優勝し、12月の全国大会の切符を手にしました。

県高校駅伝大会は、5日、今帰仁村の総合運動公園をスタート・ゴールに開催されました。
このうち、女子は、5区間、およそ21キロで9チームが争いましたが北山高校が、名護や那覇西を押さえて1時間20分1秒のタイムで6年振り5度目の優勝を果たしました。

一方、7区間42・195キロで15チームが健脚を競った男子は、北山高校が、31年振りに大会新記録を更新する2時間9分31秒で見事、3連覇を果たし13度目の栄冠を手にしました。

北山高校は、県代表として12月26日に京都で開催される全国大会に派遣されます。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.