TOP
NEWSニュース

県産食材料理を生産者に 美里工業

イベント・その他
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調理を学ぶ高校生が豚肉や魚など県産食材を活用した料理をつくり地域の生産者らにふるまいました。

この取り組みは沖縄市の美里工業高校が日ごろの学習の成果を披露しようと先月、実施したもので調理科の3年生、35人が参加しました。
生徒たちはグループごとに県産食材を活用して揚げ物や煮物などの「うちなーかめーかめー定食」をつくり招待した畜産農家ら地域の生産者たちにふるまいました。

「うまく、おいしく、自分たちなりに考えて、こうやったら一番おいしい、というのをつくってくれたのでうれしく思います」(招待された農家は)

「はじめて、地域の方とか、職員の人に自分たちがつくった料理を食べさせることができて、料理を通して人とつながることができてよかったです」(料理長を務めた美里工業調理科3年の山村鈴々奈さん)

関係者はこの様な機会を通して地域の農水畜産業の活性化や地産地消の促進につながればと期待を寄せていました。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.