TOP
NEWSニュース

県議会 一般質問はじまる

政治・経済 基地問題 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5日、県議会は一般質問が始まり、来年度の沖縄振興予算で県側の要求額確保の見通しなどについて論戦が交わされています。
自民党の島袋大議員は来年度の沖縄振興予算が3千億円以下に減額される見通しに触れ、「基地と予算はリンクしないって言ってます。今の(報道等の)論調だったと基地と予算はリンクしてる。そうじゃないでしょう。知事としての思いどうですか」と、辺野古埋め立ての設計変更不承認が言い訳にされてはならないと知事の見解を質しました。
これに対し玉城知事は「振興と基地問題は各々で、政府も沖縄県と協力をして取り組んで頂きたいという思いを持っておきたいと思います」と答弁しました。
県は国に対し一括交付金の増額や、総額3千億円以上の沖縄振興予算確保を繰り返し要請しています。
政府関係者によりますと、設計変更不承認の影響で、来年度の沖縄振興予算は現在示されている2998億円からさらに減額も視野に入れた調整が続いているということです。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.