TOP
NEWSニュース

県議会 休業延長協力金の補正予算案可決

政治・経済
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

県議会9月定例会が10日開会し、緊急事態宣言の延長にともなう飲食店などへの休業協力金の追加分、129億円あまりの補正予算案が全会一致で可決されました。

10日に開会した県議会9月定例会で玉城知事は、休業を要請する飲食店などへの協力金として129億円あまりを計上した補正予算案を県議会に提出しました。
緊急事態宣言の延長に伴い飲食店やカラオケ店などおよそ1万2000店を対象に今月30日まで休業の延長を要請するためのもので、補正予算案は全会一致で可決されました。

このほか県議会ではアメリカ海兵隊が有機フッ素化合物PFOSを含む水を普天間基地から下水道に放出したことに抗議するとともに、基地内への立ち入り調査などを求める意見書案と抗議決議も全会一致で可決しています。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.