TOP
NEWSニュース

石垣市の新庁舎完成 きょう業務スタート

イベント・その他
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旧庁舎の老朽化で建設が進められていた石垣市の新しい庁舎が完成し、落成式典が開かれました。15日から新庁舎での業務がスタートしています。

石垣市の新庁舎は旧石垣空港の跡地に建設されました。
落成式典は今月12日に開かれ、庁舎前では盛大なセレモニーが披露されたあと、関係者が銘板の除幕を行いました。
新庁舎には塀などに琉球石灰岩が使われているほか、室内の机やイスにはリュウキュウマツが、市議会の議員席の椅子には石垣牛の牛革が使われるなど、島の素材がふんだんに取り入れられています。
設計に携わった世界的な建築家、隈研吾さんは式典で「島の素材の優しさや現代性を再認識しました。
新時代の象徴として世界中から注目を集める建物に仕上がったと思います」とあいさつしました。
新庁舎では15日から業務が行われています。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.