TOP
NEWSニュース

米軍PFOS処理水放出 “日本負担”が残す禍根

基地問題 レポート・特集
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ海兵隊が、PFOSなどを含む汚水を独自に処理し、下水道に放出した問題。
日米両政府は、普天間基地に残る汚水の処分を日本政府が費用を負担して行うことで一致しました。
日本政府の”弱腰外交”だと批判する声も聞かれますが、今回の措置は、今後の環境問題にどんな影響を与えるのか考えます。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.