TOP
NEWSニュース

自民・茂木幹事長 沖縄で軽石被害を視察

政治・経済
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄を訪れた自民党の茂木敏充幹事長は、28日、軽石の被害状況を視察しました。
27日から沖縄を訪れた茂木幹事長は28日午前、うるま市宮城島の池味漁港を訪れ、軽石による漁業への影響などを視察しました。
港内には大量の軽石が入り込んでいて、茂木幹事長は中村正人市長や漁協の関係者から被害の実態について説明を受けました。
また午後には沖縄市で様々な業界の代表らと車座対話集会を開き、コロナ禍での支援や経済対策について意見を交わしました。
(自民党・茂木敏充幹事長)
撤去した軽石を最終的にどう処分するのか。関係省庁がしっかりと連携しながら、補正予算でも十分な額といいますか、大きな額をとったのでそれを活用していきたいと話した」
茂木幹事長は今回が就任後、初めての地方訪問です。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.