TOP
NEWSニュース

軽石問題 港への流入防ぐフェンスを設置

くらし 気象・災害 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大量の軽石が漂着している国頭村の辺土名漁港で30日、さらなる軽石が港の中に流れ込むのを防ぐフェンスが設置されました。

県内の海岸には今月中旬から大量の軽石が漂着していて漁業や観光業に影響が出ています。
このうち国頭村の辺土名漁港では、30日午前、軽石が港の中にさらに流れ込むのを防ぐためのフェンス=汚濁防止膜が設置されました。

「厄介なものが流れてきて、船のエンジンがだめになるから(フェンスは)はやくかけたほうが良い」(近海で1本釣りする漁師)

この漁港では29日から軽石の除去作業が始まっていて、30日は船を巧みに操って軽石を陸側に寄せ、陸上からショベルカーを使ってすくい上げる様子がみられました。
除去作業は2・3週間かかる見込みで、県は同様に軽石が流れ込んだ他の漁港でも作業を進める方針です。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.