TOP
NEWSニュース

辺野古埋め立て設計変更 沖縄県が不承認

基地問題 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普天間基地の辺野古移設工事をめぐり、玉城知事が決断しました。
25日会見した玉城知事は、国が県に申請している埋め立て工事の設計変更を不承認とすると正式に発表しました。
普天間基地の辺野古移設に向けた埋め立て工事をめぐっては水深の深い部分に軟弱地盤が見つかったため、去年4月、国が改良工事のための設計変更を県に申請し、県による審査が続いてきました。
玉城知事は25日夕方会見し、設計変更申請を承認しないと正式に発表し、不承認とする理由などを記した文書を25日午後、沖縄防衛局に提出したことを明らかにしました。
軟弱地盤でも特に地盤が弱い地点について再調査を求めてきた県に対し、国は再調査は不要としていて、県はこのままでは安全性に問題があることなどを不承認の理由にあげています。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.