TOP
NEWSニュース

413人が新規感染 宣言解除の新指標からは遠く

新型コロナ 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

県内では8日、新たに413人の新型コロナウイルス感染が確認されました。
また、新型コロナに関連して2人が死亡しています。
新たに感染が確認されたのは、10歳未満の子どもから90歳以上の高齢者まで413人です。
7日より30人多くなっていますが、前週の同じ曜日と比べると122人減少しています。
年代別で最も多いのは20代の83人で、次いで10歳未満の76人、10代の58人となっています。
10歳未満と10代を合わせた未成年の感染者は全体の32.4%を占めています。
国の新型コロナウイルス感染症対策分科会が8日に示した、緊急事態宣言の解除の目安となる指標で県内の状況を見ると、病床占有率は78.8%と依然50%を超えているほか、重症者は2日連続で増加していて、減少傾向とは言えません。
そして中等症の入院患者は、27日連続500人台の横ばい状態で、宣言解除の目安とはほど遠い状況となっています。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.