TOP
NEWSニュース

PFOS流出 基準値の1600倍濃度検出 沖縄

政治・経済 基地問題 くらし 最新ニュース
  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年6月、沖縄県うるま市のアメリカ陸軍施設で起きた、有機フッ素化合物PFOSを含む汚染水の流出事故で、流出元の水槽から国の暫定指針値の1600倍近いPFOSが検出されたことが分かりました。

この事故は、今年6月、うるま市昆布にあるアメリカ陸軍施設から、PFOSを含む泡消火剤が混入した汚染水、最大で2460リットルが流出したものです。

沖縄県と国、アメリカ軍は、事故後、貯水槽の汚水を合同で調査していて、関係者への取材で、1リットルあたり約8万ナノグラムのPFOSが検出されたことが分かりました。

環境省の暫定指針値は、1リットルあたり50ナノグラムで、検出された量はこの1600倍にのぼります。

この分析結果は、アメリカ軍と国も把握していますが、公表についてアメリカ軍が合意せず、調査から5か月が過ぎた現在も明らかにされていません。

玉城知事は、3日の県議会で「改善策を日米両政府が実行しなければならない、重大な事態だ」として、分析結果の速やかな公表などを沖縄防衛局に申し入れたと述べました。

関連ニュース
©琉球放送 株式会社 All Rights Reserved.