RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2021/07/23 18:48 イベント・その他

うるま市の中学校 生徒が旅行プランを立案

新型コロナウイルスの影響で県外への修学旅行が取りやめとなったうるま市の中学校で、生徒たちが自ら本島内での旅行を立案し教職員らにプレゼンテーションしました。

うるま市の彩橋小中学校ではこれまで中学3年生を対象に関西方面への修学旅行を実施していました。
しかし新型コロナウイルスの感染拡大を受け去年から本島内での旅行に変更し、その行程を生徒たちが自ら立案しています。
今年も3年生12人が2週間かけて旅行プランを練り上げ、沖縄の歴史と文化を学ぶため今帰仁城跡を訪ねるほか、亜熱帯植物などとふれ合える海洋博公園に足を運ぶなどの旅行プランを発表しました。

「緊張しました。一人だと全然進まないけど、班で協力してやったら、すらすら進んで考えてる間も楽しかったです」(発表した生徒)

学校では今後、クラス全員で話し合ってこれらのプランを取りまとめた最終計画をつくり10月下旬に1泊2日の修学旅行を実施することにしています。