RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2020/01/16 17:21 事件・事故

スタジオ解説 ワクチン接種のメリットデメリット

CSFの感染防止に向けた「ワクチンの接種」ですが、メリット・デメリットを整理します。

メリットとしてはワクチンを接種することで抗体がつくためCSFに感染しにくくなります。

予防ができれば農家としても安心ですよね。

デメリットはまず、ワクチンを打つことでCSFに感染している豚が分かりにくくなります。

感染確認の検査をしても実際にCSFに感染している豚もワクチンを接種した豚もどちらも陽性の反応が出てしまい、感染しているのかいないのか判別しにくくなります。

そのため、ワクチン接種による陽性だと勘違いして感染している豚が出荷されてしまえば、感染を広げてしまう恐れがあるということです。

2つ目に懸念されているのが輸出です。
ワクチンを打つとさきほど説明したような「感染しているかどうかわかりにくくなっている」豚の流入を防ぐため、ベトナムや香港など5つの国・地域に出荷が出来なくなります。

県は来週早々に対策会議を開きこうした情報を共有した上でワクチン接種に向けたプログラムなどを検討していく予定です。