RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 災害募金

RBCニュース

2019/10/13 11:42 自然 最新ニュース

世界自然遺産へ 環境省と県「魂込め説明」

世界自然遺産登録の審査をするIUCN・国際自然保護連合が行っていた本島北部などの視察が終了したことを受け、環境省と県が12日会見を開き、登録に向けて「魂を込めて説明した」と述べました。

IUCNの視察は今月5日から始まり、専門家2人が世界自然遺産の候補地となっている本島北部や西表島、鹿児島県の奄美大島などを訪れ環境保全の状況などを調査するとともに環境省などの説明を受けました。
すべての日程を終えた12日、環境省と県は会見を開き次のように述べました。

「2回目の推薦ということがありまして、背水の陣で臨んでおります。手ごたえは予断を許してはいけないと思っております。我々は魂を込めて説明をしました」(環境省自然観光局自然環境計画課の植田明浩課長)

2回目となる今回の視察ではアメリカ軍北部訓練場の返還地なども調査したということで、来年の夏ごろ世界自然遺産に登録されるかどうか決まります。