RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2019/03/16 11:57 政治・経済

世界70地域へ向け 海上混載サービス開始

県内外の物流会社などが合同で会見を開き台湾や香港など世界70の地域とつなぐ海上混載サービスを新たに開始させたと発表しました。
会見を開いたのは国際物流企業信永海運など3つの物流企業で、那覇港から台湾の基隆や香港など世界70の地域とつなぐ海上混載サービスを開始すると発表しました。
海上混載サービスとはコンテナ1本に満たない小口の貨物を積み合わせて船で輸送するもので、小規模な企業でも割安な海上コンテナ輸送を利用することができます。
新たなサービスでは那覇港から台湾や香港へ定期的に直行便が出るほか香港を経由して東南アジアや中南米など世界70の地域に運送することが可能となります。
また海上コンテナ輸送は重量物なども航空便と比べて安く運ぶことができるため幅広く輸出産業の活性化や新規ビジネスの創出が期待されています。
サービスは先月からすでにスタートしていて那覇港から出港された荷物は台湾の基隆へ1日、香港へは2日間で到着するということです。