RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 Aランチ

RBCニュース

2018/05/17 12:02 事件・事故 最新ニュース

南部地区歯科医師会 会計職員が約4800万円着服

 浦添市の南部地区歯科医師会で会計を担当していた50代の女性職員が18年間で共済金4800万円を着服していたことがわかりました。

 南部地区歯科医師会によりますと着服が発覚したのは会計を担当していた50代の女性職員で去年7月までの18年間で会員から集めた共済金あわせて4800万円を口座から不正に引き出していたということです。
 女性職員は共済金の口座を移し替える際におよそ20万円ずつ着服を繰り返していて発覚を免れるために帳簿を偽造していました。
 税理士に提出する帳簿の期限が守られていないことなどから医師会が外部監査を行った結果去年7月に着服が発覚したということです。
 女性職員は事実関係を認めて退職し、着服した金の8割を返済しているということで医師会は今月24日に行われる総会で承認が得られれば全額返済を条件に刑事告訴はしない方針を示しています。