RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 Aランチ

RBCニュース

2018/05/17 19:52 その他

台湾の修学旅行生が特別支援学校生と交流

 修学旅行で沖縄を訪れている台湾の特別支援学校の生徒たちがシーサー作りなどを通して沖縄の支援学校の生徒らと交流を深めました。

 うるま市の沖縄高等特別支援学校を訪れたのは障がいのある生徒らが学ぶ台湾の台中特殊教育学校高等部の1年生から3年生合わせて16人です。
 海外の学校の教育旅行を誘致する沖縄観光コンベンションビューローの事業の一環で沖縄を訪れているもので、交流会では始めに台湾の生徒が合奏を披露しました。
 この後、陶芸の授業に参加し沖縄の生徒たちの手助けを受けながらシーサー作りに挑戦。慣れない作業に戸惑いながらもおよそ1時間半ほどで手作りのシーサーを完成させていました。
「とても面白い」
Q沖縄はどうですか?
「とっても暑いです」
(台中特殊教育学校生)
「台湾の生徒は一つ教えたら上達するので、すごいなと思いました」
「上手でしたね」
(沖縄高等特別支援学校生)
 製作したシーサーは窯で焼き上げた後、台湾に送られるということで台湾と沖縄の生徒たちはシーサーを通して交流を深めていました。