RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 新番組情報

RBCニュース

2019/08/09 17:34 自然 最新ニュース

台風9号の爪痕 6人重軽傷

猛烈な勢力に発達した台風9号は先島諸島を通過しました。暴風は20時間あまり続き県内では6人がけがをするなど被害が相次ぎました。
台風9号は8日午前から9日朝にかけて先島諸島を暴風域に巻き込みながら通過しました。
宮古島市では商業施設の屋根が強風ではがれたほか、車の窓ガラスが割れるなどの被害が出ています。
台風が最接近した9日未明、宮古島市下里では最大瞬間風速46・6メートルを観測するなど非常に強い風が吹きました。
県内では風にあおられて転倒するなどし本島と先島諸島5つの自治体で6人が重軽傷を負いました。
また、市街地では暴風域を抜けた後も、道路の冠水が続き車が水をかき分けて進む様子が見られました。
このほか先島諸島の4つの自治体で最大1万5000世帯あまりが停電しましたが、現在、復旧が進んでいます。
終日閉鎖していた新石垣空港は9日午後に営業が再開され、空港内では便の変更やキャンセル待ちをする人たちが列を作っていました。
「キャンセル待ちのチケットはもらいましたけど、乗れるかどうかはわからない」
「昨日帰ろうと思っていしてダメで、昨日1日飛行機探して、今日やっと帰れる」(乗客)
県は9日午後、災害対策本部会議を開き、被害状況を確認しました。
引き続き農産物の被害など調査を進めるということです。