RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 災害募金

RBCニュース

2019/10/08 17:04 その他

名護市食鳥処理施設落成し加工開始

名護市にAIを活用した食用の鳥の処理施設が完成し、このほど落成式が開かれました。
名護市食鳥処理施設は国の一括交付金を活用して整備されたもので、先進国で義務化が進む食品衛生管理基準「HACCP」に対応した、県内最大規模の施設となります。
総事業費はおよそ53億5千万円で人工知能・AIを使った解体システムや鮮度を保つためのトンネルフリーザーなどの最新機器が採用されています。
1日に最大で2万羽の処理が可能となっていて本島北部地域の養鶏業の発展に寄与することが期待されます。