RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 災害募金

RBCニュース

2019/10/04 10:30 基地問題

嘉手納基地 外来機飛来相次ぎ騒音増懸念

 補修工事に伴い滑走路1本での運用が続いている嘉手納基地に3日、FA−18戦闘攻撃機が着陸するなど外来機の飛来が相次ぎ、騒音被害の増加などが懸念されています。

 目撃者によりますと3日午前11時半頃からおよそ40分の間に、山口県・岩国基地所属のFA−18戦闘攻撃機合わせて7機が着陸しました。

 岩国所属のFA−18が嘉手納基地に飛来するのはことし7月以来で、今後、F−15戦闘機などとの訓練を実施するものとみられます。

 また、3日午後にはカナダ空軍の大型輸送機C−17グローブマスターが飛来しました。

 北朝鮮の船舶による洋上での違法な取り引きいわゆる「瀬取り」の監視活動に向けた飛来とみられます。

 嘉手納基地では先月9日から南側滑走路が補修工事に伴い閉鎖され北側滑走路1本での運用が続いていて外来機の飛来に伴い周辺での騒音被害の増大などが懸念されます。