RBC 琉球放送株式会社

Aランチ 新番組情報

RBCニュース

2018/12/06 19:12 基地問題 最新ニュース

埋め立て用土砂積み込み きょうも作業続く

普天間基地の辺野古移設をめぐり埋め立て用の土砂の積み込み作業が再開された名護市の安和桟橋では6日も作業が続けられました。

普天間基地の辺野古への移設をめぐり沖縄防衛局は今月3日から名護市の民間の桟橋安和桟橋で埋め立て用の土砂の積み込み作業を始めました。
しかし、手続きに不備があったため防衛局は一旦、作業を停止させましたが、その後、必要な手続きを行ったとして5日午後から作業を再開させています。
作業再開から一夜あけ安和桟橋では6日も土砂を船に積み込む作業が続けられていて移設に反対する市民らがゲートの前や海上から抗議しました。
「14日に土砂投入をやるかもしれないけど、しかしやってもとにかく抵抗し続けることです。それがどこかで大きな力になってくる可能性はあると思う」(抗議参加者)
防衛局は今月14日にも土砂を投入したい考えで県はこれに対し桟橋への立ち入り検査が完了するまで作業を止めるよう行政指導しています。