RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 新番組情報

RBCニュース

2019/09/10 17:12 基地問題

基地騒音軽減求め 県が米軍に要請

 県は嘉手納基地や普天間基地周辺のアメリカ軍機による騒音を軽減するよう10日、アメリカ軍などに要請しました。

 県の棚原憲実環境部長らは10日、アメリカ軍キャンプフォスターを訪ね航空機の騒音軽減や夜間飛行を制限するよう要請しました。

 県によりますと昨年度嘉手納基地周辺では19の測定地点のうち8地点で、普天間基地周辺では13地点のうち2地点で環境基準を超える騒音が測定されたということです。

 さらに今年5月にはF−35Bの飛来により、県に記録が残る1998年以降で最も高い124・5デシベルが観測されています。

「正確なデータをもって客観的に説明してそれの改善につなげていきたいと思いますので、引き続き要請は強くしていきたいなと思っています」
(棚原憲実・県環境部長)

 県の要請に対し沖縄地域調整事務所のウェイン・フィッシャー副所長は「常に地域の安全、生活は最優先だと認識している。それを踏まえ、本日の事項は上に伝達する」と回答したということです。

 県は毎年同様の要請をしていますが、騒音軽減は実現しておらず実効性のある対応が求められます。