RBC 琉球放送株式会社

新型コロナウイルス特設 Aランチ

RBCニュース

2020/06/30 18:00 基地問題 最新ニュース

墜落61年 宮森小で追悼慰霊祭

1959年、旧石川市で起きたアメリカ軍のジェット機墜落事故から30日で61年となり、現場となった宮森小学校で慰霊祭が行われました。

30日午前、うるま市の宮森小学校で営まれた慰霊祭。遺族や体験者らが参加しアメリカ軍のジェット機墜落事故で犠牲になった児童らを悼みました。
この事故は1959年6月30日、アメリカ軍機が旧石川市に墜落し宮森小学校の児童を含む18人が死亡し、200人以上が重軽傷を負ったものです。

「6月になるとチムワサワサする。涙が出て夜も眠れなくなる。61年経っても遺族の悲しみは癒されることはありません」
(石川・宮森630会 久高政治 会長)

参列者は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため去年よりも8割少ない50人でしたが、慰霊祭を主催する石川・630会の久高政治会長が「宮森から平和を発信していこう」と呼びかけたのに対し、若手理事の仲松さんが「事故の記憶を風化させず語り継いでいきたい」と宣言し参列者は継承への思いを新たにしていました。

「市民の皆さんが学校に来て、自分の子どもは大丈夫かとみんな探し回っている。そういう光景を見るともう…忘れないですね。そういう方々が沖縄の平和を…願っているんだろうな」(事故当時小学1年生 山内昌幸さん(68))

「自分の世代は少なからずおじいやおばあから話を伺う事はできるので、次世代にしっかりと繰り返さないように伝えていきたいと思っている」(石川・宮森630会 仲松祥吾 理事(35))

これに合わせて県庁1階の県民ホールでは事故当時の写真や目撃者の証言を展示した写真展が今週金曜日まで開催されています。