RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2020/01/15 18:08 イベント・その他

子宝祈願の珍行事「ドウドイ」

 名護市の久志区に大昔から伝わる子宝祈願の珍行事「ドウドイ」に、今年は子宝を願う男性が2年連続で挑戦しました。

 名護市久志の集落に響く「ホラ貝」と「ドウドイ」のかけ声。

 今年も子宝と安産を祈願する地域の珍行事「ドウドイ」が盛大に開催されました。

 今年、アダンの木にまたがったのは久志出身の棚原順さん46歳で、去年に続いて2年連続での挑戦です。

 「6才のひとり息子にきょうだいを」という強い決意で、500メートル続く痛みに耐え抜きました。

「長男が来年小学校にあがるので、いつも赤ちゃんが欲しいと言っていた。ぜひ今年は子年でもありますし、子孫繁栄で2人目ができればいいと願っている」
(棚原順さん)

 沿道からは多くの区民や見物客が声援を送り、笑顔と笑いにあふれる1日となりました。