RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 災害募金

RBCニュース

2019/10/03 18:10 その他

宜野湾市の老舗ブティック 半世紀の歴史に幕

 半世紀以上に渡って地域の人に親しまれてきた宜野湾市の老舗ブティックがこのほど幕を下ろすことになり常連客らが別れを惜しみました。

 宜野湾市普天間にあるブティック「ファッションハウス竹」。婦人服や小物などを扱うおよそ13坪の店は知名竹子さんがこの地で52年間に渡り1人で切り盛りしてきました。

 知名さんが80歳になったのを機に自分の時間を持ち地域活動などに専念したいとして閉店することになりました。

 最後の営業日となった先月30日は午後から常連客などおよそ50人が訪れ別れを惜しみながら買い物を楽しみました。

「おしいですね。憩いの場所ですよ私たちにとっては」
(常連客は)

「やめるの寂しいんだけれども、でももうお年だから、やめてゆっくり遊んでねって言っている」
(常連客は)

 28歳で店を構えてこの日まで地域の人やお客さんに支えられてきたという知名さんは感謝の気持ちを込めて最後の日に臨みました。

「お店50年間で色んなことを勉強させてもらって、お友達がたくさん来てくれるし、思い出がいっぱいですね。支えてくれてありがとうございました。感謝申し上げます」
(知名竹子さん)

 地域に親しまれ客に愛された半世紀以上の歴史に幕を下ろした「ファッションハウス竹」。知名さんは趣味のフォークダンスやフラダンスを満喫したいと話していて、今後は若い経営者が引き継ぎ装いを新たにして開店することになっています。