RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 災害募金

RBCニュース

2019/09/11 18:08 政治・経済 基地問題

就任後初 玉城知事が辺野古を海上視察

 普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり、玉城知事は11日、政府が埋め立て工事を進める現場周辺の状況などを海上から視察しました。

 玉城知事は名護市辺野古の埋め立て工事現場を就任後、初めて海上から視察しました。

 およそ1時間半の視察で玉城知事は、工事の進捗状況や政府が改良工事を予定している大浦湾側の軟弱地盤の場所を確認しました。

 また、大浦湾のサンゴなど貴重な生物の生息状況も観察しました。

「(工事が)いかに我々が指摘しているように際限のない予算を投下するものであるかということと、生物多様性の豊かな海にどれだけ大きな影響与えるか計り知れないということを本当に実感した」
(玉城知事)

 玉城知事は政府に対しあらためて工事の中止を要請する考えを強調したほか、引き続き対話の場を設けるよう根気強く求めていくと述べました。