RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 新番組情報

RBCニュース

2018/11/08 19:15 事件・事故

工事現場崩落死傷事故で被告に有罪判決

去年8月、北中城村の工事現場で擁壁が崩落して作業員2人が死傷した事故で、那覇地裁沖縄支部は8日、工事を請け負っていた会社代表の男に有罪判決を言い渡しました。

この裁判は、去年8月、北中城村の工事現場で起きた擁壁の崩落事故で作業員2人を死傷させたとして、土木建築会社・大宮産業の代表取締役の男が業務上過失致死傷などの罪に問われているものです。
裁判で被告は起訴内容を認めていて、検察側は禁錮2年を求刑していました。
判決で那覇地裁沖縄支部の安重育巧美裁判官は、「工期を短縮させ、費用を抑えるため、危険な工法を選択した」として、被告の過失が大きいと指摘しました。
一方で、被告が再発防止に向け取り組みを始めたことや遺族に損害賠償金の一部が支払われたことなどから、沖縄支部は被告に対し、禁錮2年・執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。弁護側は控訴しない方針です。