RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2021/01/07 17:42 事件・事故

持続化給付金の不正受給を指南 税理士を逮捕

県内で逮捕者が相次いでいる持続化給付金の不正受給事件で、これまでのすべての事件に関与したとされる那覇市の税理士の男が、7日、詐欺の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、那覇市の税理士、阪本和司容疑者51歳です。
警察の調べによりますと、阪本容疑者は去年5月9日から19日にかけ、新型コロナウイルスの影響で売り上げが減った事業者を支援する「持続化給付金」について、受給資格のない県内在住の女に不正に申請する方法を指南し虚偽の書類を作成するなどして、100万円をだまし取った疑いがもたれています。

警察は捜査に支障が出るとして、認否を明らかにしていませんが、逮捕前のRBCの取材に対し阪本容疑者は虚偽申請への関与を否定していました。

また、すでに逮捕されている指南役の夫婦が阪本容疑者と同じ容疑で再逮捕されています。
警察は阪本容疑者らの余罪を調べるとともに、背後に反社会的勢力の関わりがないか調べています。